NEWS一覧へ

1/25(木)ウェビナー  船井総研 × LCA Plus 製品単位の排出量可視化から取り組む脱炭素経営

2024/01/10

 

昨今、脱炭素経営の第一歩として、大企業を中心に「企業単位」の温室効果ガス可視化に加え、「製品単位」の温室効果ガスも可視化する動きが徐々に拡大しています。一方、実際に脱炭素経営を進めてみようとすると、いったいどこから手を付けていいのか解らないといった課題をお持ちの方も多いかと思います。

本ウェビナーでは、船井総合研究所/カーボンニュートラル支援ユニットでリーダーを務める藤堂大吉氏をゲストとしてお迎えし、LCA Plus/プロジェクトマネージャーの岩佐と共に、中小・中堅企業から大企業の取り組みを幅広くご紹介し、脱炭素経営の第一歩である可視化の進め方やメリットについてご説明致します。

◆開催形式  : ライブ配信(Zoomにて配信)

◆開催日時  : 2024年1月25日(木)14:00~15:00

◆申込締切  : 2024年1月22日(月)

◆受講料   : 無料(事前登録制)

このような方におススメ!!!

  • 脱炭素経営を進めるべきと言われているが、自社のとるべき対応が解らない
  • 先進的に温室効果ガス算定を進めている企業の取り組みについて知りたい
  • 温室効果ガスの算定を進める目的やメリットについて知りたい
  • 「製品単位」算定をすすめたいが、どこから手をつけたらいいのか解らない

ーーーーーーーお申し込みは以下よりお願いいたします。ーーーーーーー